ローヤルゼリーが自律神経にもたらす効果とは?

ローヤルゼリーが自律神経にもたらす効果とは?

ローヤルゼリーが自律神経にもたらす効果について調べました。ストレスや不安など精神的なことから自律神経が乱れ体調にも大きく影響します。そんな自律神経の乱れにローヤルゼリーのある成分が改善へと導いてくれます。手軽に補えるサプリからはじめてみませんか?

自律神経が乱れた時に起こる症状

そもそも、自律神経とは?

自律神経とは、循環器・消化器・呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経のことを言います。
自律神経には昼間や動いているときに活発になる「交感神経」と夜やリラックスしているときに活発になる「副交感神経」の2種類があります。この2種類のバランスが崩れることを「自律神経の乱れ」と言います。

どんな症状が考えられる?

自律神経失調症

自律神経失調症

仕事や人間関係などで精神的なストレスや疲れなどによって、自律神経が乱れることで、身体だけではなく心も不調が続く状態のことです。重だるさや頭痛、肩こり、不眠だけではなく、動悸・吐き気・めまいや多汗症の症状に繋がることもあります。

更年期障害

更年期障害

更年期と言われる45歳~55歳あたりを迎えると女性ホルモン・エストロゲンの分泌量が急激に減少してしまうため、自律神経のバランスが乱れてしまいます。症状は、自律神経失調症にも似ており、倦怠感や食欲不振・不眠などの症状を引き起こす可能性があります。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群

腸のぜん動運動に異常が起こることで、腹痛をともなう慢性的な下痢や便秘などを引き起こす可能性があります。これら下痢や便秘は、一時的に治ったとしても再発したり、何週間も下痢が続いたりします。また病院で調べたとしても、目に見える異常が見られないのも過敏性腸症候群の特徴です。

▼こちらも合わせてご覧ください。

便秘は「腸」の環境を整えることが重要

神経性胃炎

神経性胃炎

仕事や人間関係などによるストレスや過労が原因で、自律神経のバランスが乱れ、胃酸が過剰に分泌され胸やけや、胃痛、胃もたれなどの胃炎を引き起こします。

季節の変わりにも自律神経は乱れやすい

季節の変わり目は、日によって気温や湿度が異なり、朝晩の寒暖の差も大きかったりします。本来自律神経には、発汗を促したり体温調節をする機能があります。季節の変わり目で寒暖の差が激しい場合、自律神経に負担がかかってしまい、自律神経が乱れる原因にも繋がります。

ローヤルゼリーの「デセン酸」が改善をサポート

デセン酸には、ホルモンの一種であるエストロゲンに似た構造をもつ物質が含まれています。そのため、デセン酸を摂取することで、乱れがちなホルモンバランスを整える効果があります。

またこの効果によって、自律神経の乱れを改善するだけではなく、更年期障害の改善や緩和にも繋がります。

ローヤルゼリーにはデセン酸以外にも嬉しい成分がある

自律神経の乱れ改善にデセン酸を紹介しましたが、ローヤルゼリーには他にも改善に繋がる成分があります。それが「アセチルコリン」。そもそもアセチルコリンが減少することによって自律神経が乱れてしまいます。

そんな不足しているアセチルコリンをローヤルゼリーで補うことによって、自律神経の乱れを緩和する効果があると言われています。他にも自律神経が乱れることで起きる肩こりや耳痛の緩和にもおすすめです!