便秘は「腸」の環境を整えることが重要

便秘は「腸」の環境を整えることが重要

便秘と腸内環境の関係性についてまとめました。特に女性の方に多い便秘。便秘が長く続くことで肌荒れや最悪病気に繋がることも。しっかり腸内環境を整えて、スムーズな排便を心がけましょう。また便秘解消にローヤルゼリーが効果的な理由もご紹介します。

腸内環境の悪化が便秘のリスクに

腸内には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類が存在します。

◎腸内細菌

善玉菌
健康にいい影響を与える菌
悪玉菌
健康に悪い働きをする菌
日和見菌
善玉菌、悪玉菌どちらかが優位な方についてその働きに加担する菌

これら腸内細菌のバランスが崩れ、腸内環境が悪くなることで、腸の蠕動運動が低下してしまい、排便回数が減少したり、便が留まったりと、便秘の原因に繋がります。

理想の腸内環境は「2:1:7」

健康に悪い働きをする菌である悪玉菌は、有害物質をつくったり、便秘や下痢などを引き起こしたりもします。では、悪玉菌はなくなればいいかというと、そうではありません。悪玉菌によって、病原菌を退治してくれる役割も持っているため、全体的なバランスを保持することが大切です。

理想の腸内環境は「2:1:7」

これら腸内細菌の理想的なバランスは「善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割」と言われています。普段の食生活や生活習慣によって、このバランスが崩れる可能性があるので、気をつけるようにしましょう。

腸内の善玉菌が喜ぶ食べ物

腸内環境の改善には、善玉菌を積極的に摂り入れることが理想です。そのためにまずは食生活から変えてみませんか。おすすめは、ヨーグルトや納豆、ぬか漬けなどの発酵食品です。これら発酵食品に含まれている乳酸菌は、善玉菌の代表格であるとも言われています。乳酸菌には「生きて腸まで届くもの」「途中で死んでしまっても腸を活性化させる働きを持っているもの」など菌によって様々な効果があります。

腸内の善玉菌が喜ぶ食べ物

その他にも善玉菌を多く含む食品は、以下の通りです。

食物繊維

水溶性食物繊維
海藻類、こんにゃく、りんごなど
腸内の有害物質を排出しやすくしてくれます
不溶性食物繊維
玄米、きのこ類、ごぼう、大根など
水に溶けずに腸にとどまり、糖質の吸収を穏やかにしてくれます

オリゴ糖

ガラクトオリゴ糖
牛乳など
成長作用のあるビフィズス菌の増加を促してくれます
フラクトオリゴ糖
ごぼう、玉ねぎ、アスパラガスなど
お腹の調子を整えて、ミネラルの吸収を助けてくれます
大豆オリゴ糖
大豆、大豆製品など
腸の働きを活発にしてくれます

ローヤルゼリーで腸内環境を整えよう

ローヤルゼリーの中には、腸内環境を整え、便秘解消に役立つ成分が含まれています。それが「アセチルコリン」です。神経伝達物質のアセチルコリンは、副交感神経に影響することで、腸の蠕動運動がサポートされて便通が整い、便秘解消・腸内環境の健康維持に役立ちます。

ローヤルゼリーで腸内環境を整えよう

便秘の原因として、心身のストレスから便秘に繋がるケースもあります。ストレスには身体も心もリラックスさせる必要があますが、アセチルコリンは弱くなりがちな副交感神経の活発化させる働きもあります。

アセチルコリンを食べ物で代用できるの?

大豆や卵黄、レバーなどに含まれるレシチンを摂ることで、体内のアセチルコリンの量を増やすことも可能です。しかし、主成分の一つとしてアセチルコリンを多く含むローヤルゼリーを飲むほうがより効率的に摂取することができます。
他にもローヤルゼリーには、40種類以上もの栄養素を含んでおり、その中にあるグルコン酸と糖類が善玉菌のエサになることで、腸内バランスが整い便秘を軽減に繋がります。